「当たり前」を見直す!

「当たり前」は、誰もが気楽に口にする言葉です。しかし、その本質を知らない人には致命的であったりします。

例えば、薬の準備・管理は薬剤師の仕事です。決して、介護施設の職員の業務ではありません。ですが、その業務を「当たり前」のように、職員に強いている施設は少なくありません。もしそうなら、この「当たり前」を見直してみましょう。

きっと、施設運営者が思っていた以上に効率化できることに驚かれることでしょう。

効率化できること

  1. 利用者の通院への付き添い時間を削減
  2. 施設における薬の準備・管理業務の効率化
  3. 求人広告の効率化と広告費の削減および捻出

※ 限られた人的資源を有効に活用できるようになります。

 

介護施設における経営課題

業務改善には現状の把握が必要不可欠です。そこで、施設運営における課題を確認してみましょう。

1.人手不足

人手不足。介護施設の慢性的なこの課題に対する解決策はふたつしかありません。ひとつは…

2.薬の準備・管理のストレス

薬の準備や管理と与薬に、看護師や介護士が強いストレス不安を感じています。しかし…

 

業務削減し施設運営を円滑化!

今まで「当たり前」に行っていた業務ですが、薬局と連携することで大幅な業務削減ができる可能性がありますのでご紹介しましょう。

1.通院への付き添い時間の削減

利用者の通院に職員が付き添うのは「当たり前」ですが、もしこの時間が削減できたと…

2.薬の準備・管理業務の削減

「旧石器時代なのか?」そう思ってしまうほど、原始的薬剤管理をしている施設が…

 

求人広告予算の確保【案】

施設調剤コンサルティング会員の薬局と連携すると、以下のように求人広告予算を削減できます。しかも、若年層へのリーチが可能ですから、通常の広告よりも高い効果が期待できます。

1.薬局との連携で求人予算を削減

意外に思われるかもしれませんが、薬局との連携で求人予算を削減できます。なぜなら…

2.紙おむつの購入がある施設なら!

施設で紙おむつを購入している。ならば、求人広告費の確保は容易です。というのも…

 

お知らせ

薬剤管理システム導入のご案内 第4回「錠剤のくすりを飲んでくれない・・・」
ある認知症の患者さんが、くすりを飲むのを拒否していたお話です。 くすりを自分で口に入れて飲んでいる患 ...
薬剤管理システム導入のご案内 第3回「間違って2回分服用してしまったかも」
これは、施設にお見舞いに行っていたご家族からのお話です。 「認知症がある父親の見舞いで行ったときに、 ...
薬剤管理システム導入のご案内 第5回「病院ごとにくすりがあるので、飲むのを嫌がる」
施設を利用しているある患者さんのお話です。 2ヶ所の病院にかかり、くすりが処方されていたAさんは、く ...
薬剤管理システム導入のご案内 第6回「施設利用者のご家族とのくすりのトラブル」
施設を使用している方のご家族からの薬の変更に関するクレーム くすりが変更になったある患者さんのご家族 ...
薬剤管理システム導入のご案内 第7回「スタッフが安心かつ余裕をもって働く環境」
介護施設では利用者の薬に関して、ダブルチェックやトリプルチェックが推奨されています。それは、くすりを ...
薬剤管理システム導入のご案内 第2回「薬を飲ませたかどうか忘れてしまった」
タイトルのような施設の相談に対して、ある薬局が次のような対応をしていました。 施設:「くすりを飲ませ ...