業務の効率化

業務の効率化

業務の効率化=時短ですから、次のふたつは大きな効率化が期待できます。

  • 施設利用者の通院への付き添い
  • 介護ソフトや介護システムの導入

1.施設利用者の通院への付き添い

施設利用者の通院への付き添い。これは、たいへん時間がとられる業務です。

  1. 病院までの通院時間
  2. 病院での待ち時間
  3. 診察時間
  4. 支払いと処方箋受け取り
  5. 薬局までの時間
  6. 薬局での待ち時間
  7. 施設までの帰宅時間

こういった流れになりますから、3~4人程度の利用者の付き添いで2時間はかかります。そこで、少しでも時間短縮に利用したいのが処方箋アプリです。

1-1.処方箋アプリとは?

処方箋アプリとは、処方箋の写真をとって薬局に送信するシステムのことです。

  1. 病院で処方箋受け取り
  2. 写真をとって薬局に送信
  3. 薬局への移動中に薬が準備される
  4. 待ち時間を短縮して薬を受けとることができる

こんな流れになりますから、少なくとも薬局での待ち時間を短縮することができます。

1-2.お勧めはヨヤクスリ!

お勧めの処方箋アプリは楽天グループの「ヨヤクスリ」です。その理由は「職員の離職低下につながる可能性がある」からです。

1-2-1.新規会員登録でポイントが貯まる

ヨヤクスリの初回利用で、楽天スーパーポイントが200ポイント貯まります。

1-2-2.持続利用で少しですがポイントが貯まります!

ヨヤクスリのサービスをご利用いただくと、ご利用いただいた会員様へ楽天スーパーポイントが付与されます。

ごくわずかですが、持続利用でも楽天ポイントを貯めることができます。

1-2-3.キャンペーン登録でさらにポイントが貯まります!

「ヨヤクスリ キャンペーン」と検索すると、その時期に応じてキャンペーンが開催されていることがあります。今現在は、当月内に3枚の処方箋を送ると500ポイント貯めることができます。もちろん、これは患者さんの処方箋でも問題ありませんので、3人の付き添いならすぐに500ポイント貯めることができます。

1-2-4.薬剤管理システムで更なる効率化!

わずかですが、誰でもご褒美は嬉しいものです。人の褌で相撲を取ると言いますが、業務の効率化をした上で楽天ポイントを貯めることができますから、職員の士気もあがるでしょう。うまくご利用ください。

なお、処方箋アプリとともに薬局と連携すると、さらに大きく付き添い時間を削減できます。詳しくは「仕組みの変更」をご覧ください。

2.介護ソフトや介護システムの導入

もし、まだ介護ソフトや介護システムを導入していなのなら、今すぐ討しましょう。

2-1.ケアマネとヘルパーなど現場の連携が高まる

施設利用者の状況や介護費用などが一括管理できるため、ケアマネの業務は相当軽減できます。また、現場の介護ソフトと連携により、お互いが計画や現状のデーターを共有できて便利です。

さらに、ヘルパーのスケジュール管理や事務作業にかける時間も大幅に短縮できます。

2-2.管理者のメリット

人手が足りていても、いつも忙しいのが介護施設。介護ソフトなどの導入により、「誰がどの時間にどこへ行く」など、スタッフはもちろん、管理者もすぐに把握できるので便利です。

また、利用者など情報もひとりが書き込めば共有できますし、介護請求データーなど、事務面での効率化も一気に進めることができます。

2-3.介護システムの主な機能

・介護保険の計算、請求機能
・スタッフの求人広告が完全無料で出稿可能
・ホームページ、チラシが簡単に作成
・編集できる
・会員には無料で業務アプリの入ったiPadの貸与を実施(通信費もかからない)
・会計ソフトも搭載されているので、別途購入の必要もなし
・その他、事業所の経営に役立つサービスがたくさん コールセンターや使い方のセミナーが充実しているので、 ITに弱い人でも活用できる

そんな多機能かつ使いやすい介護システムが「カイポケ」です。

まとめ

処方箋送信アプリ「ヨヤクスリ」の導入には次のメリットがあります。

  1. 利用者の通院への付き添い時間短縮
  2. 職員にわずかながらご褒美が手に入る – しかも施設には負担がない
  3. 職員のITアレルギーを改善
  4. 介護ソフトなどの導入もスムーズになる

なお、薬局との連携により、更なる時間短縮が可能です。詳しくは「仕組みの変更」をご覧ください。